蔵乃間

蔵乃間下御門商店街の南の端あたり、鰻料理江戸川に併設する築140年の蔵を利用した居酒屋。靴を脱いで厚みのある蔵の扉をくぐると、そこには10席のカウンター、隠れ家のような空間が広がる。料理は和食が中心で地酒や焼酎に合うものを揃える。写真は大和地鶏の炙り。注文を聞いてからじっくりと炭火で焼いてくれる。味付けは塩のみとシンプルだが、素材のよさもあり旨味がしっかりと引き出される。ジャズが流れる大人なムードの中、ゆっくりと料理と酒を楽しみたい。

ブログでの記事はこちら。

住所奈良市下御門町43
電話番号0742-20-4400
営業時間17:00~23:00
定休日無休
駐車場
ホームページ

<店舗外観・店内・メニューなど>

蔵乃間

蔵乃間

蔵乃間

蔵乃間

蔵乃間

蔵乃間

蔵乃間

蔵乃間

蔵乃間


<その他のメニュー>
定番のメニューの他、旬の素材を使った季節のメニューもある。奈良の地酒や焼酎など飲み物のメニューも豊富。2階には12名までのテーブル席があり、コース料理もいただける。

蔵乃間
筍と若布のサラダ
掘りたてのたけのこはしゃくっとした歯ざわり。わかめの食感を合わせて。
蔵乃間
ふっくら出し巻たまご
注文を受けてから焼いてくれる出汁巻は熱々ふわふわ。梅花蓮根を添えて。
蔵乃間
たらの芽の天ぷら
春の旬もんフェアーからの一品。ほろ苦い味が春を感じさせる。塩でいただく。
蔵乃間
白魚と若布の卵とじ
旬の白魚とわかめを卵とじで。コンロで温めた小鍋で。ほっこりとする味。
蔵乃間

〆は奈良を代表する郷土料理で。ほうじ茶で炊いたご飯。軽く塩で味をつけて。
蔵乃間
アマゴ木の芽味噌焼き
丸ごとのアマゴを炭火で焼いて、香ばしい木の芽味噌でいただく。酒のあてにピッタリ。
蔵乃間
白子の天ぷら
揚げたての白子は熱々でとろとろ。付け合わせは菜の花の天ぷら。
蔵乃間
豚角煮
ヤマトポークを使った豚角煮はとろとろ。左はホタルイカ沖漬け。
蔵乃間
珍味三種盛り
ニンニク味噌はエシャロットを添えて。このわた、生だこうに。日本酒がほしくなる。
蔵乃間
焼酎黒ヂョカ
焼酎は麦と芋から選べる。ゆっくりと温められてよくなじむ。家でもまねしたい。

酒房蔵乃間バー・お酒(その他) / 近鉄奈良駅奈良駅


  • いいね (0)
  • おすすめ (0)
  • おいしかった (0)
  • 行きたい (0)
  • おいしそう (0)






 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

pocketlinehatebuimagegalleryaudiovideocategorytagchatquotegoogleplusfacebookinstagramtwitterrsssearchenvelopeheartstaruserclosesearch-plushomeclockupdateeditshare-squarechevron-leftchevron-rightleafexclamation-trianglecalendarcommentthumb-tacklinknaviconasideangle-double-upangle-double-downangle-upangle-downstar-halfstatus