そばきり 海

そばきり 海あやめ池の住宅街、ミシュランガイドにも掲載された名店 彦衛門の店主が引退するのを機に弟子が店を引き継いだ。店内のテーブル配置、しつらえなどはそのまま、そばも粗挽きと絹挽きの二種類と彦衛門の味をほぼ継承。その中で新たなメニューとして登場したのが海(貝)。貝の出汁のぶっかけそば、具にもはまぐりやホタテ、海を感じられる一品。そばは粗挽きを選択、太めで歯ごたえがあり、野趣あふれる食べ応え。店主の名前に「海」という字が入るので、店名も「海」そばも「海」。

住所奈良市あやめ池南6-5-38
地図
電話番号0742-53-3697
営業時間11:30~14:30 17:30~20:30
定休日火・水曜日
駐車場
ホームページinstagram

<店舗外観・店内・メニューなど>

そばきり 海

そばきり 海

そばきり 海

そばきり 海

そばきり 海

そばきり 海

そばきり 海

そばきり 海

そばきり 海



<その他のメニュー>
冷たいそばは粗挽き(数量限定)絹引きから選べ、ざる、辛味大根おろし、鴨せいろ、天せいろ、海のそば。温かいそばは絹引きのみの提供で、かけ、鴨なんばん、天そば。昼と夜に注文できる一品、夜のみの一品と地酒などの飲み物。

そばきり 海
えび天と辛味おろしのおそば
そばの香り高い粗挽きで。辛味大根と鰹が効いたつゆ。えび天に茄子、インゲンの天ぷら。わさび。
そばきり 海
かけ
すっきりとした出汁に絹引きのそば。シンプルだが滋味深い。刻みネギ、三つ葉、黒七味。
そばきり 海
旬野菜の天ぷら
茄子、オクラ、パプリカ、蓮根、生姜、椎茸、インゲン、南瓜、エリンギなどの旬野菜を天つゆと塩で。
そばきり 海
そば湯
そば粉を溶いたどろっとしたタイプ、まるでお粥を食べているかのよう。新しいつゆを付けてくれる。


<彦衛門のときのメニュー>
“そばを挽く 風香を挽く 野趣も挽く ゆるり石臼で挽く 挽く者の「志し」を精一杯挽き込みます そばを打つ 汗して打つ ぼくとつと打つ ただただ平ら に打つ 打つ者の「瞬き」を目一杯打ち込みます” 店主の意気込みが感じられる詩だ。そばの味だけでなく器や手書きのメニューなど雰囲気も楽しめる店。

彦衛門
粗挽きざる
太めで、ぎりぎりつながっていると思えるざっくりとした味わい。香りもよく、塩でいただくのもおすすめ。
彦衛門
貝柱とあわび茸のせいろ
あわび茸のくにゅっとした食感と貝柱、焼き葱の香ばしい風味。黒七味はお好みで。
彦衛門
温玉そば
冬のメニュー。温泉卵入りの温かいつゆ。そばは粗挽きか絹挽きか選べ、これは粗挽き。太めでコシがある。
彦衛門
かきそば
これも冬のメニュー。温かい出汁にぷりっとした牡蠣がごろんと入る。後ろは変わりご飯。小サイズかやくご飯。
彦衛門
ぶっかけおろし
辛味大根とわさび、かつお節、きざみ海苔の越前風。絹挽きはのど越しが良く、つるっとした食感。
彦衛門
そば湯
なりどろっとした濃いタイプ。そば湯も別に作っているのだろう。つゆも新しいのが出てくる。
彦衛門
せいろそば
シンプルなせいろは今回は絹挽きで。この日は栃木の常陸産のそばを使用。喉越し重視の上品な味。
彦衛門
南高梅と磯の香そば
梅の酸味と海苔の香りがすっきりとした味わい。黒七味がよく合う。温かいそばは4,5種類。季節のそばもある。
彦衛門
変わりご飯
自家精米のかわりご飯。この日は海老の入ったかやくご飯。小さめのサイズなので、少しご飯がほしいときに。

<彦衛門のときのメニューなど>

彦衛門

彦衛門

彦衛門

彦衛門

彦衛門

彦衛門

彦衛門

彦衛門

彦衛門


  • おいしかった (1)
  • いいね (0)
  • おすすめ (0)
  • 行きたい (0)
  • おいしそう (0)

店舗情報は時系列になっており、古いものほど不確定なものになっています。最新の情報とは異なる可能性がありますので、行かれる際は店にご確認ください。ほぼ個人で運営しているサイトです。閉店、営業時間や定休日の変更などお知らせいただければすごくありがたいです。
go-to-top