コムニコ

<テイクアウトメニュー>
大和ポークのスネ肉とたっぷりの香味野菜をホールスパイス、大和郡山ゲミューゼ農園の無農薬トマト、赤ワインと共にじっくりと煮込み、自家製ミックススパイスで仕上げたキーマカレー。隠し味にバルサミコ酢と月ケ瀬の紅茶。茄子のスパイシーカポナータ、朝堀り筍のコリアンダー味噌和え、人参のアチャール。無農薬栽培のヒノヒカリに月ヶ瀬産、黒米・赤米・緑米をミックスした雑穀米。

コムニコ
大和ポークと地野菜の雑穀米キーマカレー
ココット型フードコンテナ入り。マイ容器持参で値引き有。
コムニコ
テイクアウトメニュー。
キーマカレーの他、パニーノやパスタソースなどのテイクアウトもある。
コムニコ
キーマカレーのこだわり。

アバロッツを受け継いだシェフが独立されて、同じ場所でスタート。イタリアンを基本にジャンルを超えたガストロノミー。生まれ育った奈良の食材を使い、何がより奈良らしいかを考え、ひと皿に表現する。「communico」は「共有」「分かち合い」を意味するラテン語。生産者との交流の中から生まれるメニューはおまかせコースのみ。今回は 前菜、パスタ、メイン、デザートの4皿の menu pranzo をいただいた。

コムニコ
アミューズ
イタリア産オリーブと大和橘の葉と皮を削ったもの。まずはイタリアの食材から味わってほしいとのこと。
コムニコ
前菜
下からフェンネルオイル、ホタテ・八朔・松の実、カリフラワーのエスプーマ、ペンタス(食用花)を散らして。
コムニコ
自家製パン
カリッと焼かれたバゲットは保温のために籠に入って供される。青リンゴフレーバーのオリーブイルと。
コムニコ
パスタ
糖度の高い熟成芋と丹波産猪のラグーのカッペッレッティ。タレッジョ(チーズ)のソース。上のパリパリも熟成芋。
コムニコ
メイン(魚料理)
和歌山産サワラのソテー。牡蠣のソースとアマゾンのカカオバター、レモンチャツネ。曽爾村産根付き法蓮草。
コムニコ
ドルチェ
ジェノワのジェラート。古都華とロゼワインのゼリー。ホワイトチョコのメレンゲ。混ぜるとショートケーキ風に。
コムニコ
ドリンク・小菓子
生チョコの中に醤(ひしお)、甘さの中にしょっぱさ。ドリンクは紅茶やほうじ茶、コーヒーなど5種類から選ぶ。
住所生駒市東生駒2-207-1-111
電話番号0743-85-6491
営業時間11:30~15:00 18:00~22:00
定休日月曜日
駐車場
ホームページHP facebook

<店舗外観・店内・メニューなど>

コムニコ

コムニコ

コムニコ

コムニコ

コムニコ

コムニコ



<アバロッツのときのメニュー>
富雄にあった「アコルドゥ」の新しいコンセプト店。テーマは 有機・ローカル・自由。奈良・関西圏の生産者の顔の見える素材や有機野菜が中心のシンプルでカジュアルな料理がいただける。今回は昼も夜も同じ値段 (3250円) おまかせをいただいた。(15.3)

アバロッツ
パンとテーブルオリーブ
パン・ド・キュイソンのパン (bajo111・ロデヴ) イタリアのオリーブオイル、テーブルオリーブ。
アバロッツ
サラダ
結崎ねぶかと白子のフリット(さっくり、中はとろり)、パプリカジェラート。曽爾の有機野菜のサラダ。
アバロッツ
メイン
葛城合鴨のラグー、香りのいい月ヶ瀬の椎茸とプチプチした食感の小麦餅。スモークした泡。
アバロッツ
メイン
釣りモムシ(コブダイに似た白身魚)と大和真菜、にんにくの効いたバスク風グリーンソース。
アバロッツ
デザート
奈良の苺 スパイス (五香粉) のグラチネ レモンエラード アップルバルサミコ・ヴィネグレット。
アバロッツ
ドリンク
月ヶ瀬春摘み紅茶。月ヶ瀬ほうじ茶、コーヒー、エスプレッソ、ハーブティーから選ぶ。

communicoイタリアン / 菜畑駅東生駒駅


  • 行きたい (1)
  • いいね (0)
  • おすすめ (0)
  • おいしかった (0)
  • おいしそう (0)

店舗情報は時系列になっており、古いものほど不確定なものになっています。最新の情報とは異なる可能性がありますので、行かれる際は店にご確認ください。ほぼ個人で運営しているサイトです。閉店、営業時間や定休日の変更などお知らせいただければすごくありがたいです。
go-to-top