菩薩咖喱

菩薩咖喱きたまちにあるスパイスカレーの店。まずは食べてほしいというダルバートはネパールで一般的に食べられている定食のセット。基本の菩薩チキンに時期替わりのカレー(この日はえびカリー)、豆のカレー(この日はムングダル)。副菜は赤玉葱のアチャール、紫キャベツのピクルス、柚子とレモンのアチャール、にんじんマスタード炒め、サグ(青菜)炒め、林檎のスパイス煮、豆のタルカリ、水茄子のサラダ、きのこのタルカリ。一つずつの味を確認した後、最後はグチャッと全部混ぜて食べるのがおすすめ。“奈良をカレーの総本山にする!” というコンセプトのもと、カレーを通じて町の活性化に取り組むという店主の今後の活躍に期待したい。

住所奈良市北袋町7
電話番号
営業時間11:00~17:00(売り切れ終了)
定休日・木曜日
駐車場
ホームページHP twitter instagram

<店舗外観・店内・メニューなど>

菩薩咖喱

菩薩咖喱

菩薩咖喱

菩薩咖喱

菩薩咖喱

菩薩咖喱

菩薩咖喱

菩薩咖喱

菩薩咖喱

菩薩咖喱

菩薩咖喱



<その他のメニュー>
メインのカレーメニューはダルバートと合いがけの2種類。菩薩チキンが定番で時期替わりのカレー。ここに日によって裏メニューが加わる。ライスの大盛りやカレーの追加も可。トッピングは辛みを加えるグリーンチリ、パパド、ヨーグルトなど。

*アーリーレッドのアチャール、なすとししとうのタルカリ、アル・コ・アチャール(ネパール風ポテトサラダ)、豆と生野菜のサラダ、ベジタブルスティック、ダル(豆のスープ)。

菩薩咖喱
合いがけカリー
悪魔の牡蠣マサラカリー、激辛阿修羅チキンカリーに変更。パパドトッピング。後を引く辛さがクセになる。
菩薩咖喱
さばココナッツカリー
トマトチャトニ、ココナッツサンボル、サグ(青葉)炒め、赤キャベツのピクルス、*続きは上へ (19.8)

<テイクアウトメニュー>

菩薩咖喱
チキンカレー
通常メニューで人気の品をテイクアウトで。ダルバート(豆のスープ)付き。(20.4)
菩薩咖喱
チキンキーマ(単品)
本日のきまぐれカリー。前日にはメニューが発表されるのでぜひ予約を。
菩薩咖喱
バダムサデコ
豆のネパール風サラダ。トマトの酸味とスパイシーな風味はお酒にも合う。
菩薩咖喱
テイクアウトメニュー。

店舗情報は時系列になっており、古いものほど不確定なものになっています。最新の情報とは異なる可能性がありますので、行かれる際は店にご確認ください。ほぼ個人で運営しているサイトです。閉店、営業時間や定休日の変更などお知らせいただければすごくありがたいです。
go-to-top