和やまむら

新大宮駅の北東は駅近ながら飲食店も少なく静かな雰囲気。ここに菊水楼で長く腕をふるわれてきた主人が店を開いたのが2003年、その後。2012年に奈良で唯一のミシュラン三つ星を獲得し、2017年版でも同じ評価を得た。

店内に入るとまず目を引くのが風合いのある花梨のカウンター、さりげなく飾られる山野草や一刀彫の彫刻、壁に掛けられた書なども落ち着きのある空間を醸し出す。

料理は会席を基本に洋の要素も取り入れる。季節の素材を使い、かぼすを器にするなど華やかな盛り付けは目にも楽しい。日本酒を頼むと、好きなぐい飲みを選べるなど器へのこだわりもなかなか。

今回は6000円(税・サ別)のコースをいただいたが、決して敷居が高いわけでなく、値段以上の満足が得られる まさにたまに行くならこんな店である。

*八寸 続き
擬製豆腐(豆腐と野菜入り卵焼き)、海老うま煮、鯛手鞠寿司、自家製胡麻豆腐。食前酒の柿酒。

和やまむら
八寸
柿なます、春菊ぬた、くどいもアーモンド揚げ、銀杏(松葉は冷麦で)、イタヤ貝黄身焼、*続きは上へ
和やまむら
椀物
蟹身入りしんじょ。きれいに澄んだ出汁に蟹身を包んだふわふわのしんじょ。コリっとした白木耳、紅葉の人参、柚子。
和やまむら
向付
本まぐろ赤身、天然平目、やりいか。もずくゼリー寄せ。わさび、菊花、赤紫蘇、浜防風。器に氷を敷き詰めて。
和やまむら
焼物
真魚鰹、銀杏餅の柚子あんかけ。やさしいあんの味わい。冬瓜、パプリカ、人参などで彩りを添えて。
和やまむら
強肴
帆立、しめじ、水菜。かぼすのジュレ。柔らかな酸味がふわっと口に広がる。長芋がいいアクセント。
和やまむら
煮物
蕪、海老芋、かぼちゃの麩(表面を香ばしく焼いて)の炊き合わせ。ほうれん草、柚子皮がアクセント。
和やまむら
食事1
生ゆばのあんかけご飯。とろとろの生湯葉に熱々のあん、ピリッとわさびを添えて。香の物は白菜と昆布。
和やまむら
食事2
生ゆばあんかけご飯で終わりではなく、ご飯のお替わりができる。山椒が効いたちりめんじゃこご飯。
和やまむら
水菓子
柿のゼリー寄せ。シャクっとした食感の柿をつるんとしたゼリーで包む。この後、コーヒーor紅茶。
和やまむら
こなき純米
春鹿超辛口以上の辛口として薦められた。鳥取 千代むすび酒造。米の味も感じられるすっきりとした味わい。
住所奈良市芝辻町2-11-15(和やまむら)
電話番号0742-33-0102
営業時間12:00~15:00 17:30~21:30
定休日月・最終日曜日
駐車場
ホームページHP

<店舗外観・店内・メニューなど>

和やまむら

和やまむら

和やまむら

和やまむら

和やまむら

和やまむら



<2005年2月にいただいたメニュー>
一見どこかの料亭のような料理が出てくるのかと思いきや、季節の食材をひと手間かけて総菜風に食べさせてくれる。例えば八寸は節分に合わせて升に黒豆を供していたり、めざしもコンロで自分で炙っていただくなど。六種盛りはこの日は14種類から六種、好きなものを選ぶ(二人で12種頼んで一口ずついただいた)。

左上から八寸8種(胡麻豆腐・筋子醤油漬けなど)/椀物(卵豆腐と海老しんじょ)/お造り3種(まぐろ・鯛・烏賊)/あんかけ茶碗蒸し/選べる六種盛り1(鰻肝生姜煮・鰻百合根卵とじ・和牛ワイン煮・つぶ貝酒煮・・まこもと湯葉こん土佐煮)/選べる六種盛り 2(セロリ酢の物・ポテトサラダ・海老芋煮物法蓮草・いんげん豆胡麻クリーム和え・ミニトマトワイン煮・おから)/追加のめざし/食事(お変わり自由、炊き込みご飯かじゃこ飯から)/デザートのいちごゼリー寄せ/

和やまむら 和やまむら 和やまむら 和やまむら 和やまむら 和やまむら 和やまむら 和やまむら 和やまむら


店舗情報は時系列になっており、古いものほど不確定なものになっています。最新の情報とは異なる可能性がありますので、行かれる際は店にご確認ください。ほぼ個人で運営しているサイトです。閉店、営業時間や定休日の変更などお知らせいただければすごくありがたいです。
go-to-top