天下一品

天下一品2020年3月現在、全国とハワイに237店舗、県下にも押熊店、東向店など9店舗を展開する巨大チェーン。天一には直営店とFC店があるが、奈良はすべてFC店の模様。わりと有名な話だが、天一は店によって味が違うといわれる。また、メニューも店によって違う。ここ押熊店はそういう意味では評判もよく、平日昼でも入店待ちが出ることが多い。ラーメンはこってりとあっさり、そして前はこっさりと言われていた 屋台の味という中間のもの。定食も多く、今回はおしくま店不動の四番打者というチャーハン定食をいただいた。ラーメンは注文時に麺の固さ、にんにくの有無(ニンニクといっても唐辛子とニンニクを和えた薬味)を聞かれる。トッピングは18種類もあり、おしくま店限定(ほんとか?)という味付け煮卵を付けてみた。胡麻が効いたチャーハンは普通で300g(大盛り450gにもできる)こってりラーメンとセットでお腹いっぱい。ラーメンを食べたあとの「明日もお待ちしています」の文字、毎日はいくらなんでもと思うが、ときどき無性に食べたくなる。

ブログでの記事はこちら。

住所奈良市押熊町1130-4
電話番号0742-45-1222
営業時間11:00~24:15
定休日無休
駐車場
ホームページhttp://www.tenkaippin.co.jp/

<店舗外観・店内・メニューなど>

天下一品

天下一品

天下一品

天下一品

天下一品

天下一品

天下一品

天下一品

天下一品



<その他のメニュー>
天下一品は店によって個性があるが、押熊店は半分以上がオリジナルメニュー。黒板にもメニューが書いてあり、他店との違いが際立つ。また、その多くは持ち帰りもできる。厨房が広いからか、チャーシューは窯焼き、鮭も店内でさばくなど手作りの物が多いのも人気の理由。

ブログでの記事はこちら。

天下一品
カレーラーメン
すべてのラーメンに+99円でカレー味にできる。写真はこってりのカレー。和風の出汁も感じるスープ。(15.12)
天下一品

こってりスープに魚粉を入れ、つけだれにする。つるっとした中太麺。押熊店から他店へと広がった。
天下一品
ワンタンスープ
あっさりな中に少し胡椒を効かせたスープ。こぶりのワンタンが入って胃に優しい一品。
天下一品
なぎなた
手羽先の先端部分をパリパリに揚げ、甘辛なタレでからめ、-20度で凍らせた品。


<その他のメニュー>
この店、フランチャイズなので、基本のこってりやあっさりのラーメン以外のメニューはある程度自由がきくらしい。いろんなところで食べてみるとメニューの違いがよくわかる。それらの中から一部を紹介。

天下一品
あっさりラーメン
いちおう天一では二大スープの一つだが、注文する人は少ない。決して悪いものとは思えないが。
天下一品
こっさりラーメン
こってりとあっさりをブレンドしたスープ。ネーミングがこっさりとはあまりにも単純だが…。
天下一品
味がさね
別添えの肉味噌・白胡麻・葱油酥(揚げ葱)・にんにくを好みで重ね合わせ、4つの味の変化を楽しむ。
天下一品
潮彩ラーメン
塩系のさっぱり味のスープにホタテ、アサリなどの魚介の味がしみこんでいる。少しとろみがつく。

天下一品 押熊店ラーメン / 学研奈良登美ケ丘駅高の原駅


店舗情報は時系列になっており、古いものほど不確定なものになっています。最新の情報とは異なる可能性がありますので、行かれる際は店にご確認ください。ほぼ個人で運営しているサイトです。閉店、営業時間や定休日の変更などお知らせいただければすごくありがたいです。
go-to-top