Trattoria NOMU

トラットリア ノム生駒・白庭台から広陵町に移転。場所的には人が集まるところではないが、遠方からもこの味を求めて来る人が多い。野菜は中央卸売市場に勤める兄が勧めるものを、魚介は毎朝、シェフ自ら市場に出向いて厳選したものを使用する。これらの食材を、味はもちろんのこと盛り付けも美しい料理に仕上げる。ランチコースのパスタはオイル、トマト、クリーム、スペシャルから選べ、写真は吉備高原鶏とトウモロコシのクリームソースのタリアテッレ。こっくりとしたソースがたっぷりで、スープパスタのよう。吉備高原鶏は胸肉を使い、柔らかくあっさり。奥はチーズ入りの自家製フォカッチャ。人気の店なので、できるだけ予約した方がいい。

住所北葛城郡広陵町大字三吉40-1(トラットリア ノム)
電話番号0745-61-8585
営業時間11:30~14:00 17:30~20:00
定休日水曜日
駐車場
ホームページHP facebook

<店舗外観・店内・メニューなど>

トラットリア ノム

トラットリア ノム

トラットリア ノム

トラットリア ノム

トラットリア ノム

トラットリア ノム

トラットリア ノム

トラットリア ノム



<その他のメニュー>
ランチは2000円、3000円、4300円の3種類から選ぶ。今回は前菜、サラダ、パスタ、デザート、ドリンクが付いた PranzoA と、各皿がグレードアップし、メインも付いた PranzoB をいただいた。夜はコースだけでなくアラカルトも充実し、気軽に食事をすることもできる。

前菜5種盛り合わせ(A)
平目のカルパッチョ、ナスのトマト煮込み、枝豆のキッシュ(バジルソース)、吉備高原鶏レバーのパテ、(右に続く)
トラットリア ノム
ズッキーニのグリル・新玉ねぎの紅茶鶏・バルサミコ酢、黒ごまを練り込んだグリッシーニ。(B)には温かい前菜、ハモのフリッタータが付く。
トラットリア ノム
新鮮野菜のシンプルサラダ(A)
自身で栽培したハーブや地元で採れた新鮮・安全な野菜をたっぷりと使ったサラダ。
トラットリア ノム
パルマ産生ハムとモッツァレラチーズのサラダ(B)
金美人参やルッコラなどAのサラダに生ハムとモッツァレラチーズをプラス。
トラットリア ノム
スペシャルパスタ
+料金でスペシャルをチョイス。岩手県産短角牛のミートソース。太めでもちもちとした生パスタ(キタッラ)で。
トラットリア ノム
メイン(B)
肉料理か魚料理(4種から選ぶ)。北海道産和牛トモサンカク(モモ)のグリル。上品なサシと赤身の旨み。
トラットリア ノム
自家製デザート3種盛り合わせ
マンゴープリン、パイナップルのシャーベット、ベリーのタルト、紅茶の葉入りビスコッティー。(B)
トラットリア ノム
自家製デザート2種盛り合わせ(A)
コーヒー・エスプレッソは南イタリア・ナポリを代表するキンボ。紅茶はロンネフェルト。

<白庭台に店があったときにいただいたもの>
今回はパスタとメインがいただける PranzoB をいただいた。(10.3)

Trattoria NOMU
前菜
山口産ロウニンアジのカルパッチョ、備中高原鶏の瞬間スモーク(バルサミコソース、筍添え)、天使の海老のグリル、子持ちホタルイカのグラタン。
Trattoria NOMU
サラダ
パルマ産生ハムとモッツァレラチーズのサラダ(塩気のあるバラフ入り)。ジェノバソースとトマトソース。ゴマ入りパンとフォカッチャ。
Trattoria NOMU
桜海老と春キャベツのトマトソースパスタ
トマトの酸味とキャベツのみずみずしさが絶妙。径の大きな皿で少ないと思わせて、深さがある。この遊び感覚も面白い。
Trattoria NOMU
メイン
レモンとハーブでマリネした備中高原鶏のグリル。直火で焼いた鶏は脂が香ばしい。付け合わせの野菜も軽く焼いて甘みを引き出している。
Trattoria NOMU
デザート
フランボワーズのティラミス、白ごまのビスコッティ、ベイクドチーズケーキ、さっぱりした巨峰のシャーベット。エスプレッソ。

トラットリア ノムイタリアン / 箸尾駅五位堂駅築山駅


  • いいね (0)
  • おすすめ (0)
  • おいしかった (0)
  • 行きたい (0)
  • おいしそう (0)

店舗情報は時系列になっており、古いものほど不確定なものになっています。最新の情報とは異なる可能性がありますので、行かれる際は店にご確認ください。ほぼ個人で運営しているサイトです。閉店、営業時間や定休日の変更などお知らせいただければすごくありがたいです。
go-to-top