吉四六

西登美ケ丘2丁目 バス停前と通りに面しているが、何となく隠れ家的雰囲気も漂う。にじり口のような低い扉をくぐるとカウンターのみの店内はアンティークの小物が飾られ落ち着いた雰囲気。大阪「木津卸売市場」から毎日調達する食材を料理歴40年以上の店主が目の前で一つずつ揚げてくれる。季節を感じられるよう内容は仕入れによって変わる。ランチでいただけるコースはおまかせのみだが、全15品で2500円とリーズナブル。

吉四六
先付け
造りは平目と戻り鰹、帆立と胡瓜の酢味噌和え。天ぷらは藻塩、アンデスの岩塩、レモン、天つゆでいただく。
吉四六
海老・ほうぼう
プリプリの身、カリッと揚がった尻尾までいただける海老2尾。甘みのあるふわふわ食感のほうぼう。
吉四六
四方竹
秋の約1ヶ月しか収穫できないという珍しい筍。しゃきしゃきした歯ごたえが楽しい。ゆず味噌で。
吉四六
銀杏・きす
秋の味覚 銀杏はほくほくとした味わい。塩でいただくと甘みが増す。淡泊で上品な味わいのきす。
吉四六
茄子
大きめにカットした茄子を揚げてから半分に。田楽味噌で。熱々をほおばる感じがたまらない。
吉四六
さやいんげん・牡蠣磯辺揚げ
長いままのさやいんげんはさっくりと。牡蠣は海苔で巻いてミルキーな味わいに磯の香りをプラス。
吉四六
椎茸
大きめサイズの椎茸にカレー風味をつけた魚のすり身をつけて揚げる。コースの中でアクセントになる一品。
吉四六
ワカサギ
旬のワカサギを4尾、さっくり、ふわっと丸揚げに。頭から尻尾、ほろ苦い内臓まですべていただける。
吉四六
デザート
三色団子。焼売として供されたが実は餅米と餡子のおはぎの天ぷら。意表を突いた〆が面白い。
吉四六
(梅)
お茶漬けは梅と海苔が選べる(天ぷらに合わせて白ご飯も可)。香の物は大根、白菜、水菜。
吉四六
(海苔)
たっぷりの海苔とあられが乗ったお茶漬け。梅には付かないがこちらにはわさびが付く。
吉四六
甘味
ゆずの皮いりシャーベットとバニラアイスから選ぶ。添えられるのはフェイジョアというちょっと珍しいフルーツ。
吉四六
チューハイ(レモン)
レモンとライムがありどちらも生搾りで。焼酎は大分県の杜の翁を使用しまろやかな味わい。
住所奈良市登美ケ丘3-12-7 エレガンス登美ケ丘 1F
地図
電話番号0742-55-9946
営業時間11:30~13:30(要予約) 17:00~22:00
定休日
駐車場
ホームページHP

<店舗外観・店内・メニューなど>

吉四六

吉四六

吉四六

吉四六

吉四六


  • いいね (0)
  • おすすめ (0)
  • おいしかった (0)
  • 行きたい (0)
  • おいしそう (0)

店舗情報は時系列になっており、古いものほど不確定なものになっています。最新の情報とは異なる可能性がありますので、行かれる際は店にご確認ください。ほぼ個人で運営しているサイトです。閉店、営業時間や定休日の変更などお知らせいただければすごくありがたいです。
go-to-top