春知【閉店】

春知大阪堂島から生駒暗峠に移転。そばは十割のみ、石臼挽き自家製粉、もちろん三たてで供される。この日いただいたのは、鴨せいろ蕎麦。冷たい蕎麦と山椒のきいた熱いつゆの組み合わせ。つゆにつけてももちろんうまいのだが、出汁にある鴨やネギ(これがまたうまい)をおかずに何もつけない蕎麦をいただくというのもいい。そば湯もまた、熱々のポタージュスープを飲むようで、寒い時期には体が温まる。築90年の古民家を自分で改装したという店内も必見。

ブログでの記事はこちら。

住所生駒市大門町555
電話番号0743-76-7674
営業時間11:30~14:30 17:30~20:30
定休日水曜日(祝営業)
駐車場
ホームページ

<店舗外観・店内・メニューなど>

春知

春知

春知

春知

春知

春知

春知



<その他のメニュー>
今回行ったら、予約なしでそば懐石(ふだんは要予約、二人からのメニュー)の吉野(鍋物が付いた金剛もある)をいただくことができたので、紹介したいと思う(始めから5枚の写真)。それにプラス、前回にいただいた温かいそばも合わせて紹介したい。

春知
柚子そば茶
食前酒として蕎麦ワインが用意されているが、車での来店が多いのだろう。お茶にも出来る。カリッとした蕎麦パパドとともに。
春知
前菜盛り
蓬の蕎麦豆腐、桜エビの蕎麦キッシュ(カレーソース)、鮪、カンパチの造りのサラダ、菜の花ウニとろろ、筍木の芽蕎麦味噌焼。
春知
椀もの
蕎麦掻きと白魚湯葉巻き、桜あんかけ。餡がかかっているので熱々。蕎麦掻きもこういった食べ方があるのだなあとわかる。
春知

温かい蕎麦と冷たいそばから選ぶことが出来る。今回は温かい蕎麦で。少し固めに茹でたそばはすぐにいただきたい。
春知
デザート
蕎麦のロールケーキ、桜あん。そば粉を使った生地に包まれた餡は甘みを抑えたもの。コースのシメにぴったりの品。
春知
鴨南蛮蕎麦
冬の定番の品。鴨の味がしっかりと出てはいるが、しつこくない。温かい蕎麦だけになるべく早くいただきたい。
春知
蕎麦ご飯
蕎麦の実を炊き込んだご飯。醤油や出汁で味付けされているわけではない。蕎麦の実の歯ごたえが楽しい一品。
春知
そば湯
かなりとろっとしたタイプ。コースにしろ、一品の蕎麦にしろ、蕎麦湯が出ると、これで終わりという感じがしてくる。

店舗情報は時系列になっており、古いものほど不確定なものになっています。最新の情報とは異なる可能性がありますので、行かれる際は店にご確認ください。ほぼ個人で運営しているサイトです。閉店、営業時間や定休日の変更などお知らせいただければすごくありがたいです。
go-to-top