nakamuraya

nakamuraya富雄からならまちに移店。東京で修行したというシェフは、イタリアにも定期的に研修に出かけ、クーカルにも参加するなど精力的に活動する。イタリアや日本各地から厳選した素材を取り寄せ、それを生かした調理法で仕上げる。写真は前菜盛り合わせ。右上から鹿肉のサルシッチャ、フォアグラ脂のポテトフライ、ホタテのパン粉焼き、真鯛のタルタル、トリッパのトマト煮込み、サラミ、自家製鶏ハム。今回はバルでいただいたが、奥にはレストランもありコース料理がいただける。

住所奈良市南市町8-1 (nakamuraya)
電話番号0742-93-6577
営業時間11:30~14:00 17:30~21:00 (バー 11:30~21:00)
定休日無休
駐車場
ホームページHP facebook

<店舗外観・店内・メニューなど>

nakamuraya

nakamuraya

nakamuraya

nakamuraya


<富雄に店があったときにいただいたもの>
鳥見通沿い、カウンター中心のこぢんまりとしたレストラン。今回は5000円のコース(高級素材が使われる)と2000円のランチ(写真7枚目以降・これでも十分)をいただいた。(11.6)

nakamuraya
前菜1
乳飲仔牛のトリッパ入りのスップリとトマト煮込み。豚足と地鶏のコッパ。コッパのヤングコーンがきれい。
nakamuraya
前菜2 白えびと岩のり入りゼッポリ。サンダニエール産生ハム。地鶏のレバーペースト。紀州産天然カンパチのカルパッチョ。稚鮎のエスカベッシュ。
nakamuraya
ラビオリ1
リコッタチーズと法蓮草を詰めたトルラッローニ。チーズのコクと酸味、ほうれん草の青みが何ともいえない一品。
nakamuraya
パスタ2
真鰯と新たまねぎ、芽キャベツのスパゲッティーニ(細めのパスタ)。鰯の塩味があっさりとしたオイルベースによく合う。
nakamuraya
スープ
イタリア産白いんげんのズッパ(スープ)、じゃがいものニョッキ入り、淡路の地ウニ添え。
nakamuraya
メイン1
北海道産乳飲仔牛の三角バラ,タン,ハツ,ハラミ,ラムの煮込み。バルサミコソース。レアで焼かれたハツの食感が楽しい。
nakamuraya
ラビオリ2
小えびとズッキーニを詰めたトルラッローニ(半月板のラビオリ)。アルデンテで歯ごたえがある。ローズマリー風味。
nakamuraya
パスタ
鰻の肝と赤ワインのソース、スパゲッティーニ。うな肝の苦みと赤ワイン。エリンギの歯ごたえ。マサラでエスニック風。
nakamuraya
メイン2
紀州産天然魚のソテー。イタリアレモンの香り。皮目をパリパリに焼いて香ばしい。付け合わせはポテトとラタトゥイユ。
nakamuraya
パン
バゲット、フォカッチャ、平たく伸ばしたグリッシーニ。それぞれ味わいが違うので、個性を楽しみたい。
nakamuraya
デザート
ブルーベリーとミントのアイス。トリノチョコとヘーゼルナッツのブリュレ。メロンのパンナコッテ、グラッパ風味。
nakamuraya
コーヒー
結婚記念日と予約したら、デコレーションの付いたデザートを出していただいた。エスプレッソで〆。

  • おいしかった (1)
  • おいしそう (0)
  • 行きたい (0)
  • おすすめ (0)






 

pocketlinehatebuimagegalleryaudiovideocategorytagchatquotegoogleplusfacebookinstagramtwitterrsssearchenvelopeheartstaruserclosesearch-plushomeclockupdateeditshare-squarechevron-leftchevron-rightleafexclamation-trianglecalendarcommentthumb-tacklinknaviconasideangle-double-upangle-double-downangle-upangle-downstar-halfstatus