花しば

花しば近鉄奈良駅から北へ花芝商店街、地名をそのまま店名にしたこの店は、法蓮町にある鮮魚店「東京屋(現在は卸のみ)」が出す魚料理の店。ランチでいただける定食は旬の魚を炭火で焼いたもの。素材をよく知るからこそシンプルに料理する。小鉢2品と味噌汁、漬け物、デザート、コーヒーが付いて800円から。写真はまぐろ炙り焼き。中は赤身が残る程度に焼き、香ばしさと柔らかさの両方を楽しめる。ランチはお得な回数券あり。

住所奈良市花芝町8-2
電話番号0742-26-6310
営業時間11:30~(平日のみ)18:00~
定休日不定休
駐車場
ホームページ

<店舗外観・店内・メニューなど>

花しば

花しば

花しば

花しば

花しば

花しば

花しば

花しば


<ランチのメニュー>
この日のランチメニューは他にサワラ味噌漬け、生サケ照り焼きなど8種類。それぞれ注文を聞いてから焼きはじめる。この日もお客さんがいっぱい。ネットではあまり情報がないが、地元の人はよく知っているということだ。

花しば
甘鯛塩焼き
パリッとした皮とほっこりと柔らかい白身。好みで大根おろしと醤油でいただく。
花しば
鮎塩焼き
旬の鮎は内臓の苦みがさわやか。酢橘をしぼって。日替わりの総菜2種と香の物、味噌汁。
花しば
天然ツバス塩焼き
出世魚 ブリ の幼魚。ブリよりもあっさりと淡白な味。炭火で焼くので皮まで香ばしい。(10.8)
花しば
ハモ照り焼き
カウンター越しにご主人が骨きりするのが見える。照り焼きにすることで甘みを引き出す。
花しば
デザート・コーヒー
バターがよく効いたスポンジケーキはシンプルな味。ミニサイズのコーヒーとともに。
花しば
鰻蒲焼き
東京屋は土用の丑には朝から店頭で鰻を炭火で焼く。香ばしい匂いが立ちこめる。

<夜にいただいたメニュー>
手書きのメニューには造り、酢の物、焼き物、揚げ物、アラカルト、寿司、鍋物と旬の魚料理が並ぶ。

花しば
徳次郎
酒の旨みが感じられる京都の酒。突き出しはししとうとしめじ、枝豆の卵とじ。
花しば
アサリ酒蒸し
ぷりぷりのあさりをあっさりと酒蒸しに。スープまで飲める一品。
花しば
お造り2種盛り
鰤と鯛の造り。メニューは手書きでその日に仕入れた新鮮なものが並ぶ(11.10)
花しば
サンマと塩辛豆腐
新サンマの味噌煮と塩辛豆腐。ならまちバルの一品なので、飲み物付きで500円。

  • おいしそう (0)
  • 行きたい (0)
  • おいしかった (0)
  • おすすめ (0)






 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

pocketlinehatebuimagegalleryaudiovideocategorytagchatquotegoogleplusfacebookinstagramtwitterrsssearchenvelopeheartstaruserclosesearch-plushomeclockupdateeditshare-squarechevron-leftchevron-rightleafexclamation-trianglecalendarcommentthumb-tacklinknaviconasideangle-double-upangle-double-downangle-upangle-downstar-halfstatus