懐石 かこむら

鬼無里与太郎といった個性的な店が集まる奈良うまいもん街、その一番奥にひっそりと佇む和食・日本料理店。店主は菊水楼で10年間修行された後、2005年に独立。店内はきれいに磨かれたカウンター、個室にもなるテーブル席、座敷席、しっとりと落ち着いた雰囲気。さりげなく活けられた花からも茶懐石の精神が伝わってくる。

料理はおまかせコースのみ、お昼は7品で4500円(今回はこちらをいただいた)と6500円、夜は9品で8500円から。店主の出身、広島・瀬戸内の魚介など旬の食材を使い、季節に合わせた器とともに目にも美しい一皿に仕上げる。

懐石 かこむら
付きだし
甘みのある剣先イカと香ばしい焼き松茸。茗荷のシャキシャキした食感と風味。秋らしいきれいな銀杏の皿で。
懐石 かこむら
椀物
鱧と松茸の吉野仕立て。鱧には梅肉を合わせて。松茸の香り。三つ葉。くず粉でとろみを付ける。
懐石 かこむら
造り
アマテガレイ、白エビ。瀬戸内海で獲れるアマテガレイは淡泊、もっちりとした食感。濃厚な甘みの白エビ。
懐石 かこむら
八寸盛
柿なますの胡麻クリームがけ、キノコといくらの和物、蟹と水菜、イチジクの田楽、手鞠寿司、大徳寺麩、丸十、枝豆。
懐石 かこむら
焚き合わせ
焼茄子と穴子、法蓮草の炊き合わせ。直火で香ばしく焼いた茄子は熱々、ふんわり柔らかい穴子をあんかけで。
懐石 かこむら
ご飯物
しめじご飯、きれいな出汁の吸い物ははまぐりとわかめ。壬生菜、大根の漬物。ご飯はお替わり自由。
懐石 かこむら
水物
ピオーネ(黒ぶどう)のゼリー寄せ、幸水。秋らしく紅葉の葉をあしらって。鮮やかなブルーの皿で。
懐石 かこむら
蔵王桜(冷)
美吉野醸造、奈良県産米を100%使用した純米酒。きりっとした味わいが和食にもよく合う。
住所奈良市角振新屋町10
地図
電話番号0742-24-1070
営業時間12:00~14:00 17:30~21:00
定休日水曜日
駐車場有料P有
ホームページHP

<店舗外観・店内・メニューなど>

懐石 かこむら

懐石 かこむら

懐石 かこむら

懐石 かこむら

懐石 かこむら

懐石 かこむら

懐石 かこむら


  • いいね (1)
  • おすすめ (0)
  • おいしかった (0)
  • 行きたい (0)
  • おいしそう (0)

店舗情報は時系列になっており、古いものほど不確定なものになっています。最新の情報とは異なる可能性がありますので、行かれる際は店にご確認ください。ほぼ個人で運営しているサイトです。閉店、営業時間や定休日の変更などお知らせいただければすごくありがたいです。
go-to-top