旬彩 ひより

旬彩ひより元興寺そば、コンクリートの打ちっぱなしと赤い壁や柱が特徴的な和風レストラン。田原本の専属農園から仕入れる野菜や大和牛など素材にもこだわる。ランチは野菜びより(先付・大和の野菜いろいろ・天ぷら・古代米ご飯・香の物・デザート)が基本で、これに好みで岩魚や海老、大和牛などを追加していく。この日の惣菜は手前左から、自家製ごま豆腐、大和マナの煮浸し、大和菊菜と富有柿の白和え、九条ネギの辛子味噌、人参とセロリのきんぴら。天ぷらは大和芋の磯辺揚げ・大和フキ・ごぼう。ふろふき大根。これで1650円とはかなりリーズナブル。ホテル川久などで長く支配人をしてこられた店主のサービスも心地よい。

住所奈良市中新屋町26 鶉屋倶楽部1F
電話番号0742-24-1470
営業時間11:30~14:30 17:00~22:00
定休日火曜日
駐車場
ホームページHP facebook

<店舗外観・店内・メニューなど>

旬彩ひより

旬彩ひより

旬彩ひより

旬彩ひより

旬彩ひより

旬彩ひより

旬彩ひより

旬彩ひより


<その他のメニュー>
野菜びよりの先付、スープ、デザート。

旬彩ひより
水菜と生姜のスープ
旬の水菜に生姜を効かせたスープ。すっきりとした出汁が滋味深い味わい。
旬彩ひより
白菜の豆乳グラタン
豆乳を使うことによってあっさりとした風味に。白菜の甘みが口に広がる。
旬彩ひより
デザート
自家製のわらびもちは大きめのカットで。たっぷりのきなこと黒蜜で。
旬彩ひより
自然麦
無農薬で作られた限定酒。大分県南部、豊後大野市の小さな蔵で手造りされる。

<炭火焼のメニュー>
岩魚と能登地鶏がメインの恒彩をいただいた。旬の野菜と新鮮な岩魚(鈴鹿山脈から仕入れる)、焼くと皮がパリッとおいしい地鶏に旬の野菜の数々。自家製のポン酢とモンゴルや沖縄など3種類の塩を煎ってからブレンドした特性の付け塩をつけていただく。(07.11)

旬彩ひより
付き出しなど
ほうれん草のごま和え、里芋の揚げ煮。イカとワカメの酢みそ和え。旬の野菜に一手間加えたた品々。
旬彩ひより
食材の品々
岩魚、能登地鶏、椎茸、じゃがバター、さつまいも、かぼちゃ、ししとう、無臭ニンニク、なすび、玉ねぎ。
旬彩ひより
炭火焼き
この店一番のおすすめの岩魚はまずは遠火で乾かしてから直火で焼く。がぶりと大胆にほおばりたい。

旬彩 ひより野菜料理 / 近鉄奈良駅京終駅


  • おいしそう (0)
  • 行きたい (0)
  • おいしかった (0)
  • おすすめ (0)
  • いいね (0)






 

pocketlinehatebuimagegalleryaudiovideocategorytagchatquotegoogleplusfacebookinstagramtwitterrsssearchenvelopeheartstaruserclosesearch-plushomeclockupdateeditshare-squarechevron-leftchevron-rightleafexclamation-trianglecalendarcommentthumb-tacklinknaviconasideangle-double-upangle-double-downangle-upangle-downstar-halfstatus