Bar Savant

Bar Savant(サヴァン)東京に移転したタリカロの後に入ったオーセンティックバー。欄間や柱、窓から見える中庭の景色などはそのままだが、重厚なアフリカンチェリーのカウンター、その後ろにずらりと並んだボトルの数々など内装は大きく変わった。マスターは生駒の老舗バー チャールストン出身。夏の午後、おすすめをリクエストすると、写真のジントニックが供された。「ジントニックはどこの店にもありがすが、これでそのバーの個性が分かるんですよ」とマスター。なるほどエディブルフラワーの香りをまとわせたトニックウォーターを使いさわやかな味わい。どことなくグレープフルーツの風味が感じられる。「外は暑かったでしょうから、これが良いと思いまして」と機転が利くのもさすが。14時からと早い開店もうれしい。看板もなく表からはやっているのかどうか分かりづらいが、ランプが点いていれば営業中。

住所奈良市椿井町30-3
電話番号0742-23-8568
営業時間14:00~23:00
定休日無休
駐車場
ホームページinstagram

<店舗外観・店内・メニューなど>

Bar Savant(サヴァン)

Bar Savant(サヴァン)

Bar Savant(サヴァン)



<その他のメニュー>
話の途中、ランプバーの話題になったが「ランプバーさんは特別な存在」と敬意を表しつつ、「あちらはオリジナルのカクテル、うちはクラシックでオールマイティーなお酒を出します」と話された。客の好みを聞きつつ、その時々に合わせたお酒を作ってくれるというスタイル。お通しは基本のものと交流のある料理店とコラボしたものがある(この日はいただかなかったが、新大宮の圓通の品であった)。

Bar Savant(サヴァン)
酢橘のカミカゼ
オランダ産のウォッカにコアントロー。普通はライムだが、ここでは酢橘を使用。キレのいい味わい。
Bar Savant(サヴァン)
お通し(基本)
愛媛産ブルーベリー、奈良産種なし巨峰、シャンパン風味の生チョコレート、ピスタチオクリーム。

  • 行きたい (3)
  • いいね (0)
  • おすすめ (0)
  • おいしかった (0)
  • おいしそう (0)

店舗情報は時系列になっており、古いものほど不確定なものになっています。最新の情報とは異なる可能性がありますので、行かれる際は店にご確認ください。ほぼ個人で運営しているサイトです。閉店、営業時間や定休日の変更などお知らせいただければすごくありがたいです。
go-to-top