四季旬彩 あらき

四季旬彩 あらき学園前駅から北へ徒歩5分、一段下がったところにあり、和モダンな店内は落ち着いた雰囲気。朝採りの卵に奈良の地野菜など、新鮮で安心できる素材を使った和食がいただける。写真は彩り会席の2皿目(前菜)。笹巻き麩の中は柚子あん、長芋そうめんは3日間昆布締めしたもの、秋田県産じゅんさい、穴子のすり身は南瓜との2層で、マスクメロンに明太子、胡麻で西瓜をかたどって、完熟のキャンディランタン(食用ほおずき)はマンゴーの風味。どれもひと手間かけたものばかり。カウンターに座ると店主から料理の話も聞くことができる。

住所奈良市学園北1-15-26
電話番号0742-41-1148
営業時間11:30~14:30 17:00~23:30
定休日月曜日 (祝営業) 第2・3火曜日
駐車場
ホームページhttp://www.shunsai-araki.com/

<店舗外観・店内・メニューなど>

四季旬彩 あらき

四季旬彩 あらき

四季旬彩 あらき

四季旬彩 あらき

四季旬彩 あらき



<その他のメニュー>
ランチは彩り会席(4500円)と四季膳(2200円・茶碗蒸し付き2500円)の2種類。写真の1枚目から8枚目までが彩り会席、9枚目から11枚目が四季膳。夜の懐石は6000円から。

四季旬彩 あらき
先付け
蛸のうま煮。柔らかく煮あげられた蛸は噛むほどに味わい深い。縦に長い器から取り出す趣向がおもしろい。
四季旬彩 あらき
お造り
三重県産の石鯛はもちもち。気仙沼産の鰹。後ろは「一口どうぞ」と出していただいた生のハモ。ふわふわの食感。
四季旬彩 あらき
ハモの卵の煮こごり
作ってみたのでいかがですか」とサービスで出していただいた品。プチプチしたハモの卵とゼリーのつるんとした食感。
四季旬彩 あらき
煮物
馬鈴薯まんじゅうの中には赤味噌で和えた鶏ミンチ。和の出汁でのばしたホワイトソース餡。オクラ添え。
四季旬彩 あらき
焼き物
和歌山県産の鮎の塩焼き。苦味のある蓼酢は大人の味。中骨と頭以外はきれいに食べられる。茗荷、薩摩芋。
四季旬彩 あらき
揚げ物
ハモのアスパラ巻き。あられを付けた衣はサクサク。ミネラルたっぷりの宮古島の雪塩で。ししとうを添えて。
四季旬彩 あらき
ご飯物 
鰹出汁に魚の骨からとった出汁を加えるのがあらき風。味噌は赤と白をブレンド。ちりめん山椒のご飯。
四季旬彩 あらき
デザート
紅茶風味の水羊羹。紅茶が負けてしまうとのことで、ここではこし餡ではなく、つぶ餡。あとから紅茶の風味がやってくる。
四季旬彩 あらき
四季膳
7つに仕切った箱にはお造り、揚げだし豆腐、鰤の照り焼き、出汁巻きなど旬の品がきちんと並ぶ。(13.4)
四季旬彩 あらき
揚げ物
お膳をいただいている中ほどに揚げたてが供される。この日はきす、菜の花、南瓜。
四季旬彩 あらき
デザート
桜のシャーベット。春を感じさせる爽やかな味で〆。

あらき割烹・小料理 / 学園前駅


  • おすすめ (4)
  • いいね (0)
  • おいしかった (0)
  • 行きたい (0)
  • おいしそう (0)

店舗情報は時系列になっており、古いものほど不確定なものになっています。最新の情報とは異なる可能性がありますので、行かれる際は店にご確認ください。ほぼ個人で運営しているサイトです。閉店、営業時間や定休日の変更などお知らせいただければすごくありがたいです。
go-to-top